トラック買取交渉をうまくやろう!

私はとても売り買いの不得手な人間で、いつも相手に押し切られて損をしてしまいます。

そこで、そういう場には、よく商売上手な知人に同行をお願いして、交渉を代わってもらうのですが、そのやり取りを見ていて思うのは、「売り買いは気合いだ」

ということです。

まあ、喧嘩腰では困るのですけれど、多少強気でいったほうがいいとは感じています。

トラック買取にも言えることで、専門家を相手にするのですから、こちらも装備を整えておく必要があります。

例えば、トラック買取にもたくさんの書類を用意しなければいけません。

車検証、自賠責保険書、納税の証明書、印鑑登録証明書などなど、かなり面倒です。

そうした必要書類をきっちりと知っておくだけでも、業者側には「手強い客」

と映るでしょう。

専門知識がいくらかあるだけでも、相手の印象はずいぶん変わってきます。

買い取ってもらう車の年式や走行距離も把握しておけば、もし尋ねられてもうろたえないで済みます。

堂々としていれば、交渉を有利に持ってゆけるものですからね。

値切る際の決め台詞に「他の店はもっと安かった」

というのがあります。

トラック買取にも同じ手が使えます。

「どこどこの業者はもっと高く査定してくれた」

と言えれば、相手も「それならこっちは・・・」

と対抗意識を燃やしてくれるかもしれません。

トラック買取は金額も安くない取引ですから、いくつかの業者を回り、比較検討する手間を惜しむべきではありません。

最近はインターネットで、必要な情報を入力すれば、だいたいの査定額を算出してくれるサイトも多く(というより、それがない車売買のサイトはほとんどないです)、あちこち行かなくても、机上でいくつかの会社を比べられるようになっています。

トラック買取業者は数が少ないので、そうした作業もさほど時間はかからないでしょう。

業者も競合なので、本音は「うちに売って欲しい」

なのです。

赤字になってまでは買ってくれないでしょうが、ギリギリのところなら手を打ってくれるものです。

共に働いてきた愛用のトラックなのですから、納得できる値段で売ってあげたいものです。